Endeavor

Endeavor

デザインTシャツ【コウシュ】のブログ

新年度、心を新たにする4月である。

1902年に設立され、最新技術を搭載した高級な車を世の中に出すことを自らの使命として課していたキャデラック。
競争相手のパッカード社の6気筒エンジンに対抗し、
8気筒エンジンの車を出すも、トラブルが続出し、信頼が失墜する。

そのような中で1915年に出した新聞広告「THE PENALTY OF LEADERSHIP」。
既に総カラーの雑誌広告が主流となっていた中、
モノクロ、文章のみで、キャデラックにも8気筒エンジンにも車にも触れない内容。
新聞記者出身のコピーライター、MacManusが用意したこのメッセージが
世の中のビジネスマンたちの心に響き、キャデラックの人気回復に大きく貢献する。

広告業界では伝説的な逸話のようであるが、
それでは中には何が書いてあったのか?
日本語化(意訳)を試みる。

 

THE PENALTY OF LEADERSHIP
In every field of human endeavour, he that is first must perpetually live
in the white light of publicity. Whether the leadership be vested
in a man or in a manufactured product, emulation and envy are ever at
work. In art, in literature, in music, in industry, the reward and the
punishment are always the same. The reward is widespread recog-
nition; the punishment, fierce denial and detraction. When a man’s
work becomes a standard for the whole world, it also becomes a target
for the shafts of the envious few. If his work be mediocre, he
will be left severely alone — if he achieves a masterpiece, it will set a million
tongues a-wagging. Jealousy does not protrude its forked tongue at
the artist who produces a commonplace painting. Whatsoever you
write, or paint, or play, or sing, or build, no one will strive to surpass or
to slander you unless your work be stamped with the seal of genius.
Long, long after a great work or a good work has been done, those who
are disappointed or envious, continue to cry out that it cannot be done.
Spiteful little voices in the domain of art were raised against our own
Whistler as a mountebank, long after the big would had acclaimed him
its greatest artistic genius. Multitudes flocked to Bayreuth to worship
at the musical shrine of Wagner, while the little group of those whom he
had dethroned and displaced argued angrily that he was no musician at
all. The little world continued to protest that Fulton could never
build a steamboat, while the big world flocked to the river banks to see
his boat steam by. The leader is assailed because he is a leader, and
the effort to equal him is merely added proof of that leadership. Failing
to equal or to excel, the follower seeks to depreciate and to destroy — but
only confirms once more the superiority of that which he strives to
supplant. There is nothing new in this. It is as old as the world
and as old as human passions — envy, fear, greed, ambition, and the
desire to surpass. 
And it all avails nothing. If the leader truly
leads, he remains — the leader. Master-poet, master-painter, master
-workman, each in his turn is assailed, and each holds his laurels through
the ages. That which is good or great makes itself known, no matter
how loud the clamor of denial. 
That which deserves to live — lives.

January 2, 1915 edition of The Saturday Evening Post
Theodore F. MacManus

 

先頭に立つ挑戦者は世間の目にさらされる。
それが人の世界であろうと、製品の世界であろうと、
激しい追随と嫉妬がつきまとう。

芸術、文学、音楽、事業、どの領域でも、
「賞」・「罰」は常に表裏一体である。

「賞」とは、広く認知される栄誉、
「罰」とは、激しい否定と中傷。

ものごとを成し遂げ、世界のスタンダードたる地位を築いたとき、羨望の的となり、
二流であれば放っておかれる。
最高傑作を生めば絶賛を受け、
ありきたりな絵をかけば、嫉妬も辛辣な言葉も受けることはない。

鬼才という肩書がつかなければ、
どんな文章を書こうと、何を描こうと、演じようと、歌おうと、
あなたに挑むものもいなければ、おとしめる人もいない。

偉大なことを成し遂げれば、
ずっと時間がたってからも、
そんなこと出来るはずが無い、と抗議が続く。
世の中で天才と評価されたアーティストに対し、
悪意に満ちた声がのちに沸き上がる。

ワーグナーの崇拝者は聖地バイロイトに集まるが、
彼に相反する人々は、彼は全く音楽家でない、と論じる。

フルトンは蒸気船を造ったことなど無い、と異議を唱える人もいる中で、
蒸気船を見ようと多くの人が土手に集まる。

リーダーはリーダーであるがゆえに四方八方責められる。
そのリーダーに追いつき追い越せという企てが
リーダーシップたる証としてわずかについてくるに過ぎない。

追随する者たちは、
追いつき追い越すことに失敗すれば、
先駆者を蔑み、否定しようとするが、
その結果、相手がいかに優れているかを再認識する。

これは新しいことなどではない。
世界が始まり、人類が生まれてこの方ずっと存在した、羨望、恐れ、強欲、野心、対抗意識。
これらには何の価値もない。
真にリーダーである限り、その人物はリーダーであり続ける。
詩人、画家、職人、それぞれの大家は
生涯を通して都度批判を受け、また、栄誉を受けていく。

優れたものはそれ自体によって知れわたり、
どんなに誹謗中傷の声が大きかろうと、
生き残っていくのである。

 

Blog Category
Art & Crafts 美術や工芸品の魅力
at the bar 肴
Crisp Office Life 日々心地よく仕事する
exhibitions, excursions, events 休日を楽しく過ごす
Go Classical Music クラッシック音楽にはまる
Relaxing Weekend 特に予定のない休日に

KOUSCH – Design Tee デザインTシャツKOUSCH
*English

 

Thank you for visiting ! 

😀 当ブログの最新記事をフォロー >> Facebook Kousch.JP

 

デザインTシャツ【コウシュ】
1枚で存在感のあるデザインTシャツ。仕事や休日を心地よくクリエイティブなものに。